2006年10月19日

patch11-SBR44対応。

工体AI私的修正版patch12は、フィーゲルパッチ対応のものにする予定です。
(主にmobdata.lua, playerdata.luaの2ファイルが対象)
また、オートSBR用の修正が上手く行った場合はマージします。

工体研究所AI rev103+patch11-SBR44対応版
追加設定項目:
-----------------------------
-- オートSBR
-----------------------------

-- S.B.R.44使用許可 true / false
USE_SBR = true,
-- S.B.R.44ディレイ(ms): 標準は1ms
SBR_SKILL_DELAY = 1, -- 100〜200程度にしたが良いかも
-- S.B.R.44使用レベル
SELF_SKILL_SBR44_LEVEL = 3, -- 最大Lv.3

某教授の館パッチ適用:
event.lua:
function UseAttackSkill( enemy )
if Settings.USE_MOBDATA and Settings.SELF_SKILL then

if Settings.USE_MOBDATA then

これは、223行: if Settings.SELF_SKILL then -- オートスキル
の後に UseAttackSkill() を呼び出しているため、"and Settings.SELF_SKILL"は不要になります。
その他、構造を見直しました。

posted by silica at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 工体AI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25765012

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。