2007年09月04日

Chat Command Library version 0.4

Download CCL version 0.4

・ホムンクルス・傭兵に命令出来るようにするライブラリです。
・各種AIに数行追加するだけで使えるようになります。
・chatを「名前空間」として予約します。

詳細は、チャットコマンドライブラリ解説書を参照してください。

このライブラリをデバッグするために作成したライブラリも添えておきます。
テーブルの内容を直接書き出したり、保存したりする関数もあります。(以前作成したsetini.lua
の上位互換みたいなもの)

標準追加ライブラリ
テーブル保存・読出関数
テーブル保存・読出関数テストファイル
1年ぶりの更新です。

最大の苦労点は、「変数・テーブルの独立化」です。
他のAIと変数が衝突して相互干渉しないようにしました。

それと、ほかのAIではほとんどまったく見ないオブジェクト指向プログラミングを行っています。
chat:new()など、「:」がつく関数がそれです。
関数内変数をクラス変数、メソッドと見立てて作成してあります。

posted by silica at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | チャットコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。