2007年09月21日

文字コード対策。

Windows版Lua5.0.2やROクライアント組込Luaは、
スクリプトの文字コードをShift_JISとして読み込みます。

1.「ー」
code.lua:
str="ー"
print("1:", string.sub(str, 1, 1))
print("2:", string.sub(str, 2, 2))
結果:
1:
2: [

「ー」は2バイト目に"["となる文字コードが割り当てられています。
string.findのパターンマッチング機能をオフにすることで解決。
以後部分文字列との一致しか行わなくなります。
例:string.find(s, pattern, 1, true)

2.「表」「ソ」etc...

命令コマンドの名前にするとエラーになる理由は、
以下のサイトに書いてある通りです。
http://www.kent-web.com/pubc/jcode/

対処方法は、エスケープ記号「\」をその文字の後に付け加える。
「表示」→「表\示」
posted by silica at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | チャットコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。