2008年05月03日

AIによる金ゴスチェイス対策考察 vol.1

参考:Mercenary - AI機能比較表

最初に雇える傭兵
・6等級(Lv70傭兵)
・使用者がLv65以上
・信頼値不要

Chat Command Library添付のwhat.lua内関数 what:isinchase(GetActors(myid))
で、隠れているチェイサー(大抵はチェイス中)IDリストを得た後
そのIDに対して傭兵やホムはスキルを使うことが出来ます。

現時点で可能なものは、各ホムの以下のスキルです。
リーフ:癒しの手 8001
アミストル:キャッスリング 8005
フィーリル:ムーンライト 8009
バニルミルト:カプリス 8013
偶然にも全部、各ホムの最初のスキルIDになっていますね。

リーフのは赤スリムが必要になりますが、見た目がかなり派手で一番目立ちます。
アミストルは割と目立つ方。
フィーリルは金ゴス相手でも貫通し、あぶり出せます。
バニルミルトは魔法エフェクト(ボルト系、アーススパイク)がちょっと物足りない。

傭兵の場合は以下のスキルが可能性としてあげられます。
弓傭兵Lv70:DSLv7(ムーンライトと同様あぶりだせそう) 8207
剣傭兵Lv70:モンスター情報Lv1(PT全員に存在がわかる) 8237
posted by silica at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ホムンクルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。